浜海道と北釧水産はどっちが美味しい??

浜海道と北釧水産はどっちが美味しい??

浜海道と同じく北海道で事業を展開する北釧産業というカニ通販の会社があります。
コチラもネットで検索すると「北釧水産の評判」とか出てくる業者なので、「どれだけ評判が良いのだろう?」と北釧水産と言う名前が頭に引っかかっていました。

 

という事で早速ホームページを見たのですが、一見すると浜海道と商品のラインナップも同じように見えます。
どこに違いがあるのでしょうか。産地やこだわりに着目しながら見ていきましょう。

 

 

浜海道は加工された状態でお届け

 

北釧産業のページを見てみると、老若男女に人気のカニがそれぞれ活きたまま販売されているものが多くみられます。
活きであれば鮮度は抜群ですが、どうしても捌く手間がかかってしまいます。
コックさんであればまだしも、一般家庭の主婦がカニを捌くのはいささか難易度が高いのではないでしょうか。
浜海道では届いてすぐ食べられるように余分な部分は事前に取り除かれているため、煩わしさがありません。
また加工された状態の商品のラインナップが多く、どんな方でも気軽に注文することが出来るのも魅力です。

 

 

浜海道は庶民の味方

 

北釧産業のカニはいずれも品質が高く、プロの目利きによって厳選されたものだけを販売しています。
そのため、どうしてもお値段が張ってしまい、気軽に楽しむには敷居の高いものになっています。
対して浜海道では一般家庭の方でも手を出しやすいお値段に抑えられており、大人数、少人数問わず気軽にカニを楽しむことが出来ます。
北釧産業でも訳ありカニの販売を行っていますが、いわゆる自分一人で食べる自家用とするには少々手の出しにくいお値段です。
豊富なラインナップと手ごろなお値段から、浜海道は庶民の味方であると言えるでしょう。

 

 

品質はニーズに合わせて

 

気になったので、両社からカニを注文して食べてみました。
北釧産業からは茹で上げ本タラバガニ3.5キロ前後を、浜海道からはボイル本タラバガニ姿2.3キロ前後を、それぞれ家族で年末年始用に購入しました。
お味は、浜海道のカニは鮮度も抜群で美味しく頂けました。
北釧産業のカニはまるで料亭で食べるカニのようで、家族一同感動してしまいました。
やはり40年以上のかに専門卸としての実績は伊達ではありませんね。

 

しかし、北釧水産さんはいかんせん、高いです。浜海道と比べると倍とは言いませんが1.3−4倍します。

 

大切な人へのお中元やお歳暮と言った贈り物にはピッタリだと思いますが、普段使いはもちろん、家で自家消費用に買うにはちょっと贅沢すぎる気がしました。
ということで、家で食べる分にはやはりリピートしやすいのは手ごろなお値段の浜海道です。