浜海道とかに本舗はどっちが美味しい??

浜海道とかに本舗はどっちが美味しい??

カニ通販サイトは浜海道以外にもたくさん存在しています。
では、浜海道と他の通販サイトでは何が変わった部分があると思いますか?
ネット上で評判のかに本舗というカニ通販専門サイトを例に挙げてその違いをご説明しましょう。

 

 

浜海道は産地と品質にこだわっている

 

かに本舗のサイトを見てみると、お値段は浜海道よりも安く、手が出しやすい印象です。
浜海道はかに本舗に比べ、実に2倍近い値段設定がされているのです。
しかし、産地を見てみると浜海道にはちゃんとしたこだわりがあることが分かります。
かに本舗はアラスカ沖ベーリング海で獲れたカニを使用しているのに対し、浜海道で扱っている商品には北海道産が目立ちます。
また、浜海道は加工も北海道で行っているためギリギリまで鮮度が保てますし、高い品質を維持することが出来ます。
値段の差は、商品にかける手間の差と考えれば納得できるかもしれませんね。

 

 

浜海道はカニの取り扱い範囲が広い

 

かに本舗では、主にズワイガニの取り扱いがメインです。
対して浜海道では、ズワイガニはもちろん、タラバガニ、毛ガニ、花咲ガニと種類豊富な品種を取りそろえています。
また、訳ありカニも豊富で、パーティーから自家用までニーズに合わせた買い物が出来ます。
かに本舗を運営している匠本舗はおせちや農産物、調味料など幅広いジャンルを取り扱っているのに対し、浜海道はカニ及び海産物のみ取り扱っています。
ジャンルを絞っているからこそ、豊富な品種を高い品質でお届けすることが出来ると言えるでしょう。

 

 

高い品質と味

 

かに本舗と浜海道、どちらも利用して食べ比べてみました。
年末に家族と、友人家族が遊びに来ていたため、かに本舗では生本ずわいがにむき身1キロセットを、浜海道では生冷凍ズワイガニ脚・ポーション1キロセットをそれぞれ注文しました。
お値段はやはり浜海道の方が少し高めでしたが、どちらも美味しく頂けました。
どちらも冷凍ものなので解凍の出来・不出来が味に大きく影響を与えてしまうのですが、どちらも解凍方法を丁寧に説明するチラシが入っていて、その通りにやったらある程度はできました。
ある程度はと書いたのは、かに本舗の冷水解凍はどうしてもうまく行かなかったからです。チラシの通りにやるとどうしても解凍しすぎてしまって、水っぽくなり、カニ本来のうまみが逃げてしまっている気がしました。
それで、解凍した際の冷水も鍋に入れた方がうまみも堪能できると思ったのですが、これが異常にしょっぱい!かに本舗に限らず、ズワイガニのむき身の冷凍はグレースと呼ばれる塩水で冷凍されているのですが、このグレースが塩水だからです。うまみを逃さず、でもグレースだけは取り除ける解凍方法があればぜひ教えて欲しいですね。

 

ちなみに、浜海道では海外の工場に加工を委託する際でも、HACCPを取得している安全な工場で加工を行っているため、安心して食べることができます、と書いてますが、これはかに本舗も一緒。それが味にどれだけ影響があるかと言ったら、素人には分かりませんでした。

 

浜海道は高いですが、それだけ味に差があったかと言われると、正直分かりませんでしたね。私が味音痴なせいかもしれませんが、冷凍物は先ほど言ったように「解凍命!」の所があるので、素材の良し悪しの差が出にくいのかなあと思いました。